DANSKO の誕生

Dansko は1990年にアメリカ・ペンシルバニア州で生まれたブランドです。 創設者の Mandy Cabot と Peter Kjellerup は馬の調教師でした。 Peter の故郷であるデンマークに馬を買いに行った時にその町の小さな靴屋でシンプルなデザインのクロッグスを見つけたのがきっかけでした。 履き心地の良いそのクロッグスは馬の納屋でもどこに行くのにも快適でお気に入りの一足になりました。 2人はデンマークに行っては友人たちに靴を持ち帰り、 愛車のステーションワゴンに靴を乗せ、 馬の品評会で売り始めました。 アメリカで販売してみようと20年間、 改良に取り組み、 Dansko(デンマークの靴) という名前を取り、 Dansko, LLC. を設立することになりました。 日常ではもちろん、レストランや医療系で働く方々の靴として機能性とデザイン性の両方に優れた、履きやすく足や腰への負担を取り除いた靴です。 今ではアメリカを始め、 日本、カナダ、 オーストラリア、 イタリア、 台湾、イスラエルでたくさんの方々に愛されています。

Mandy Cabot and Peter Kjellerup
DANSKO ボランティア活動

より良い環境や社会のために様々なボランティア活動や恵まれない子供たちへの寄付などにも力をいれています。

- 身障者のための募金運動
- 親のない子供への靴の寄付
- エイズ サポート プログラム
- リサーチセンターなどへの植林
- 盲導犬サポート プログラムなど

THE DANSKO FOUNDATION

2003年から 「THE DANSKO FOUNDATION」 は80以上の非営利活動を行っている法人・団体に対し、 民間主体の公益・非営利活動の促進に活動してます。

danskofoundation
FOOTWEAR PLUS AWARDS

米雑誌 「Footwear Plus」 のコンフォートフットウェアデザイン賞を9回受賞しました。

2016
Footwear Plus Lifetime Achievement Award & Excellence in Design - Clog Category
Honoring 26 years of influence and innovation in the footwear industry.

2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006/2004
Footwear Plus Excellence in Design - Woman's Comfort

www.footwearplusmagazine.com/

footwearPlus_desgnAward
DANSKO 環境保護の取り組み
LEED® Gold レベル認定

米国グリーン・ビルディング協会 (USGBC) から 「エネルギーと環境に配慮したデザインにおけるリーダーシップ (Leadership In Energy and Environmental Design / LEED) 」 のゴールドを認定されました。 LEED® Gold レベル認定の Dansko オフィスビルは100%風力発電と太陽光発電、 雨水をリサイクル、 ロビーには壁全体に植物を一面に栽培した 「Living Wall」 と自然の冷却作用を利用するため屋根には植物を栽培しています。

footwearPlus_desgnAward
コンサベーション・アライアンス

1989年アメリカにて、 アウトドア関連の企業が得た利益の一部を、自然環境を保護するために取り組んでいるグループに資金として援助し、 サポートすることを目的に、 「ザ・コンサベーションアライアンス」という団体が設立されました。 現在のメンバーは130社を超え、 自然保護のために大きな成果をあげています。 Dansko 本社はメンバーとして、 ソルトレークシティのアウトドアリテーラートレードショーでシューズ毎1足の売上に付き10ドルの基金を提供しています。

LITE (Low Impact To the Environment)

CO2 削減など環境に優しい LITE (Low Impact To the Environment) レザーを使用しています。

FSC 認証制度

Dansko のカタログやシューズボックスには大豆油インクを使用、 100% 消費者から回収された古紙とバージンパルプの紙に印刷されています。 生産には100% 風力発電が利用されています。 さらに、 カタログ用紙はすべて FSC (森林管理協議会) が認証したものです。

go to Top